ポケモンGO

【ポケモンGO】タマゴの効率の良い孵化方法と注意点

【ポケモンGO】タマゴの効率の良い孵化方法と注意点

最終更新: 2016-10-18 17:49:51

ポケモンGOのタマゴ孵化の効率的な方法を紹介しています。タマゴ孵化の参考にしてください。

タマゴの効率の良い孵化方法と注意点

タマゴの効率の良い孵化方法

ふかそうちを複数使う

ふかそうちを複数使うことで一回の移動距離の効果が複数のタマゴに反映させるため、効率よくタマゴを孵化させることができます。しかし、普通のふかそうちは3回使うと壊れてしまいます。

自転車を使おう!

移動速度には最大で時速24キロという制限があります。そのため自動車や電車は使えません。移動距離を稼ぐ方法は徒歩・ランニング・自転車のどれかになります。

タマゴを孵化させる時の注意点・マメ知識

レアポケモンを狙うなら10キロのタマゴ!

タマゴにはそれぞれ2km、5km、10kmのの3種類あり、必要な移動距離が長いほどレアポケモンが出やすいです。そのため、レアポケモンが欲しければ10kmタマゴを優先的に孵化させるのがおすすめです。

タマゴから生まれるポケモンと必要距離

時速24キロを超えない様に!

タマゴをふかそうちに入れたら、移動することで孵化に近づきます。移動速度には最大で時速24kmまでと制限があり、それ以上の速度で移動した場合効果は反映されないので注意しましょう。

タマゴは捨てられない

入手したタマゴを捨てる手段は現在ありません。そのため新しいタマゴを継続して入手したければ、入手したタマゴを随時孵化させる必要があります。

タマゴ産のポケモンの個体値は高め

タマゴ産のポケモンはポケモンの巣や野生のポケモンに比べて個体値が高い傾向にあります。タマゴで生まれたポケモンはぜひ個体値を調べてみましょう。

個体値について解説

ふかそうちの入手方法

ふかそうちの種類

ふかそうちには「∞(無限)ふかそうち」と「通常のふかそうち」の2種類あります。

∞ふかそうちはゲーム開始直後からプレイヤー全員が所持していて壊れることがないため、基本的に常に稼働している状態にしましょう。

通常のふかそうちは3回使うと壊れてしまいます。∞ふかそうちと併用して一度に複数のタマゴを孵化させたい時に使いましょう。

ふかそうちの入手方法

●プレイヤーレベルを上げる

●課金アイテムで購入する

孵化させるメリット

進化素材がたくさん手に入る

タマゴを孵化させることで、ポケモン以外にもそのポケモンのアメとほしのすなをできます。一度に大量に入手可能ですが、タマゴの中身は生まれるまでわからないため、狙って入手することはできません。またポケモンのCPはランダムになります。

ほしのすな&アメの効率の良い入手方法

経験値を多くもらえる

孵化させる距離によって違い、1km=100XPとなります。つまり2kmタマゴからは200XP、5kmタマゴからは500XP、10kmタマゴからは1000XPを入手可能です。さらに初獲得ポケモンだとこれに500XPが加わった経験値が貰えます。

効率の良い経験値の稼ぎ方

個体値が高いポケモンが手に入る

タマゴから孵化させたポケモンの個体値は総じて高い傾向にあります。同じ種類のポケモンの中でもさらに強い個体を厳選できます。

個体値厳選について解説

Twitterで最新情報をつぶやいています!

▼フォローはこちらから▼

ポケモンGO攻略をフォローする

ポケモンGO攻略記事

おすすめ記事一覧

最新版ポケモンの巣まとめ

完全版全251匹レア度早見表

最強ポケモンランキング

技ガチャ当たり一覧

全251匹ポケモン図鑑

ポケタン

現在やるべきこと

レア出現場所1週間データ

コメント欄

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新記事

今日の人気記事